ブログ

世界糖尿病デー

11月14日は「世界糖尿病デー」です。これは、世界に拡がる糖尿病の脅威を啓発するために、1991年にIDF(国際糖尿病機構)とWHO(世界保健機関)が制定し、2006年に国連総会にて公式に認定されたものです。11月14日はインスリンを発見したカナダのバンティング博士の誕生日にあたります。世界糖尿病デーのシンボルマークとして、青い丸をモチーフにした「ブルーサークル」が用いられていますが、国連やどこまでも続く空を表す「ブルー」と、団結を表す「輪」がデザインされています。日本でも「糖尿病が強く疑われる人」は約1000万人いますが、その糖尿病の重症化を予防するためには、早期発見・早期治療がとても重要です。日本糖尿病学会、日本糖尿病協会では、11月12日から11月18日までを「全国糖尿病週間」として、糖尿病の啓発活動が展開されます。「世界糖尿病デー」である11月14日には、全国各地で夜間ブルーライトでライトアップされます。この地域では、名古屋城が青くライトアップされます。お時間がある方は一度お出かけになってはいかがでしょうか。

0587-23-2520
初診の方も電話予約を承ります
再診の方はWeb予約が可能です
診療時間
9:00〜12:00-
15:00〜18:00--
受付時間/【午前】8:45〜11:45【午後】14:45〜17:45
休診日/木曜・日曜・祝祭日・土曜午後
  • 住所〒492-8215 愛知県稲沢市大塚北9丁目79番1
  • 駐車場駐車場12台完備
ネット予約